back to my works

my works(songs)


〜 うたはうたわれた時にはじめてうたになる 〜


〜 (♪)印が付いているうたはクリックすると試聴出来ます 〜


 
天王寺界隈のブルース(♪)
 
ガラスのかけらの上を
日がな一日歩いて
気が付けば
とうに日は暮れて

のぼせた街のあたりで
なめた女のけつでも
燃やしたい
それが望みで

口づけをふたつみっつ
粋な女とかわして
それだけで
夜は底なしで

聞いたこともないような
ラヴソング聞かせてよ
俺の血も
懐かしがって

あったかいところへ行きたいな
あんたの心にもぐり込めたらな
天王寺界隈のブルース
その日暮らしのブルース

たき火もできなくなって
この冬はどうするんだい
唇は
夜毎に寒くて

あたいも昔はちょいとした
極道者だったよと
おかまが
酒も切れてきて

その面でその年で
いつまで体売る気だい
暮らすのは
俺も同じで

道端に倒れたまま
動かねえあのおやじ
賭けようか
生きてるかどうか

あったかいところへ行きたいな
あんたの心にもぐり込めたらな
天王寺界隈のブルース
俺とあんたでブルース

骨のすけてるのら犬
俺についてきたって
無駄だよ
俺ものら犬で

風はどっから来るのか
おまえのふるさとからか
たてがみに
今も魅せられて

ちやほやされてみたいな
檻の中で昼寝して
時には
遠吠えもあげて

明日はどこをうろつこう
なまけもののラヴソング
ごきげんさ
あんたのそばで

あったかいところへ行きたいな
あんたの心にもぐり込めたらな
天王寺界隈のブルース
その日暮らしのブルース


 
No rain No rainbow(♪)
 
歯医者で口をでっかく開けてる間に
訳の分からない物語を詰め込まれたのさ
それでこんな物騒な場所で
神様なんかと待ち合わせするハメになったのさ
ところで あんたは本当に虹が見たいのかい

あそこでひと際輝いているのはなんて星なんだろう
平手友梨奈かジャニス・ジョプリンか
でも 名前なんてどうだっていいんだ
明日また夜空を見上げたくなったらいいね
ところで あんたは本当に虹が見たいのかい

マッチ売りの少女の正体が放火魔だっただなんて
安物の週刊誌が好きそうな話だね
金はキレイでもないしキタナくもないんだ
ただ涎を垂らしてるあんたの顔が見るに耐えないだけさ
ところで あんたは本当に虹が見たいのかい

子供たちは今日も透明人間ごっこに夢中さ
もうすぐホンモノの透明人間になっちまうのにね
答えなんてそこらに転がってるさ
でも あの日の答案用紙は今もまっさらなままだ
ところで あんたは本当に虹が見たいのかい

 今この時のために生まれて来たんだと思えるのなら

これもラヴレターだって君は気付いてくれるかな
返事は要らないけど雨が降ったら思い出しておくれ
また会えるなんて思ったら大間違いだ
ある日突然魂ごと連れ去られちまうんだぜ
ところで あんたは本当に虹が見たいのかい
ところで あんたは本当に虹が見たいのかい
ところで あんたは本当に虹が見たいのかい


 
街でうたううた(♪)
 
街は今日も
ひどい渇きで
のけものたちは
洪水を待つ

あんたの耳が
たまらないから
俺の声で
触りたいから

あんたはここで
何を望む
俺は今
うたになるところ

街が
街が
俺にうたえと吠える
街が
街が
俺の喉に火をつける

叫び声は
ねぐらを探し
街のはずれで
犬に食われた

耳をふさいで
あんたが泣いた
俺の声は
裸にされた

あんたはここで
何を望む
俺は今
うたになるところ

街が
街が
俺にうたえと吠える
街が
街が
俺の喉に血を注ぐ

空は今日も
ひどい青さで
飛べないものは
風に溺れる

水のような
うたになれたら
心を捨てて
うたになれたら

あんたはここで
何を望む
俺は今
うたになるところ

街が
街が
俺にうたえと吠える
街が
街が
俺の喉を踊らせる


 
流星群(♪)
 
幾つもの星が同時に流れるのを見てた
誰かの願いを連れて
この闇を切り裂いた

君が待っていてくれたら
それだけでいいな
心の形は決めないで会いに行くよ

流れゆくものとともに
愛しさを持て余してる
目の前にいるのに果てしない
いつもそうなんだな

ここからそこまでの長い長い旅
ここからそこまでの長い長い旅

時代の毒を飲み交わして
ハイハイしたまま老いぼれちまった
俺もそうなのかな

やまない雨はないと言うが
雨がやむ前にダメになっちまったものたち
君も知ってるだろう

君がこんなに好きだよ
どんなにか分からないほど
目の前にいるのに果てしない
みんなそうなのかな

ここからそこまでの長い長い旅
ここからそこまでの長い長い旅

いつまでたっても届かないものに
手を伸ばし続ける愚かさを愛してる
今も

ここからそこまでの長い長い旅
ここからそこまでの長い長い旅


 
ブラックコーヒーのうた
 
世界の向こう側への出口かと思いきやお月様
誰かが語ったどんな輝く未来より愛おしい

愛のうたを
愛のうたを
ヘッドフォンで塞ぐなよ

どのキチガイが吹いてるラッパに付いてくか選べと言う
それが民主主義だ
あの素晴らしい民主主義だ

愛のうたを
愛のうたを
ヘッドフォンで塞ぐなよ

うたは閉じられた瞼
うたは踏みつけた足の下
それでも見当たらないなら
上野公園野外ステージへ

人を殺した奴を殺して悲しみは消せたかい
人を殺した奴を許した祈りは届いたかい

愛のうたを
愛のうたを
ヘッドフォンで塞ぐなよ

ほんとに大切なものまで壊しちまうのが俺たちだ
壊しちまった後で空の青さに怯えるのも俺たちだ

愛のうたを
愛のうたを
ヘッドフォンで塞ぐなよ

うたは震えてる唇
うたはさした指と逆の方
それでも見当たらないなら
上野公園野外ステージへ

こんな俺に誰か熱いコーヒー淹れてくれないか
甘ったるいのはなしだ
この魂くらい熱いのを


 
セイレーンのうた
 
すべての悲しみの真ん中に
ひとりぼっちでいるんじゃないかと
思っている君に
今何を届けよう

なんて美しく
なんて醜い
なんて優しく
なんて残酷な
ここにいるよ
君といるよ

命は時としてパラダイスのようで
命は時として悪い夢のようで
ほんの小さな願いさえ
叶わないとしても

なんて美しく
なんて醜い
なんて優しく
なんて残酷な
ここにいるよ
君といるよ


 
戦争、SEX、あるいは旅の始まりに(♪)
 
街では毎日何万人も退屈に葬られてる
負けた者の数ほど勝った者はいないという
キチガイが俺たちをキチガイと呼んでるぜ
天国の扉を叩く音が聞こえるかい
目をそらすな 目をそらすんじゃない

おまわりが守ってるのはこの国のケツの穴さ
救急車が運んでるのは「こんなはずじゃなかった」の繰り返し
賛成かい反対かい逃げるのかい立ち向かうのかい
ステップを踏むためにまずは震えを止めなよ
目をそらすな 目をそらすんじゃない

OK、十分さ
ALL RIGHT、言うことなし
戦争もSEXも新しい旅の始まりも
みんなみんな俺たちを待ってる

総理大臣のかわりなんて犬だって猫だってやれるさ
ところであんた自身のかわりは見つかったかい
名前を変え生まれを隠し違う誰かになれたかい
あんたを引き受けられるのはあんたしかいないんだぜ
目をそらすな 目をそらすんじゃない

鯨を殺すなと言うならあんたの肉を食わせろ
あんたの肉に宿ってるあんたの野性を食わせろ
殺される前に殺すことだ 法律もなんとか主義も
汚れながら闘ってるオマンコに称えあれ
目をそらすな 目をそらすんじゃない

OK、十分さ
ALL RIGHT、言うことなし
戦争もSEXも新しい旅の始まりも
みんなみんな俺たちを待ってる

注射器から血管へと天使たちを流し込め
革命ならいつだって空気中で踊ってる
谷底を一筋の川がえぐりながら流れてゆく
海へ向かう道なんて百万通りだってあるさ
目をそらすな 目をそらすんじゃない

カーニバルは終わらないぜ 狼も豚もごきげんさ
爪先からレゲエミュージック、サイケロック、パンクロック
ボリュームを上げるんだ 素っ裸になっちまえ
行けるところまで行くんだ 今行けるところまで
目をそらすな 目をそらすんじゃない

OK、十分さ
ALL RIGHT、言うことなし
戦争もSEXも新しい旅の始まりも
みんなみんな俺たちを待ってる


 
僕たちは天使じゃない(♪)
 
僕たちは体育倉庫で猫を飼ってた
君は猫に「エンジェル」という名前を付けた
美術室で独りぼっちのミロのビーナスと
鐘が鳴りやむまでずっと踊り続けたね
そして僕は今君の秘密の中にいるよ

指きりもくちづけも放り出して海に向かった
君は流れ星を体中に飾りつけた
ポケットにしまっておいた未来をちぎって
痩せこけた魚たちに食べさせてあげたね
そして僕は今君の秘密の中にいるよ

列車は遥かな砂漠を泳ぎ続けた
夕日も地平線もここから逃げ出そうとしてた
僕がスパゲッティー・カルボナーラの夢を見てる時
君はきっと世界の終わりについて考えてたんだ
そして僕は今君の秘密の中にいるよ

遠くで何かが呼んでいる
悲しみは何処から降ってくるの
見つめあっても何も見えないのに
見つめあってる僕たちがいる

僕たちは地の果てで酒を飲んだ
そして見たこともないステゴザウルスの話をした
振り返ると足跡はみんな消されていた
誰にとってもどうしようもない悲しみがある
そして僕は今君の秘密の中にいるよ

子供たちのいなくなった広場で
最後の天使が空へ帰るのを見てた
みんなみんな落書きだったんだね
ジャングルジムが空を全部飲み込んでた
そして僕は今君の秘密の中にいるよ

出口のない夜は入口のない朝を探していた
眠り続けたら生まれ変わってるかもしれない
とっくの昔に悲しんだはずの事を
君も僕ももう一度悲しもうとしている
そして僕は今君の秘密の中にいるよ

遠くで何かが呼んでいる
悲しみは何処から降ってくるの
抱きしめあってももう戻れないのに
抱きしめあってる僕たちがいる


 
   ヒットエンドラーンのうた
   〜君が鳥居みゆきなら、俺は包帯を巻かれた<多毛さん>なんだろう〜
 
右翼でも左翼でもどっちでもいいからほんとうのことを
命をピンハネせずにほんとうのことを言ってみたらどうだい
脳ミソがバターになるくらい考えてみたところで
そんなことおかまいなしに魂は沸騰してるじゃないか
聞こえるかい 聞こえるだろう
「ヒットエンドラーン」と魂が叫んでる

「想像してみろ」なんてあんたに言われるまでもなく
国も金持ちも神様も軍隊も要らないのさ
大切なものははじめからずっとここにあるんだよ
誰かが<愛>なんて発明するよりもずっと前からね
聞こえるかい 聞こえるだろう
「ヒットエンドラーン」と魂が叫んでる

幻が見えている そう 俺には幻が見えている
それを今あんたに手渡そうとしているところ
白い粉やルイヴィトンや議員バッヂや過去の栄光に
しがみついてるからあんたは何ひとつ掴み取ることができないのさ
聞こえるかい 聞こえるだろう
「ヒットエンドラーン」と魂が叫んでる

勝ち負けなんてルールを変えれば簡単に変わっちまうのさ
予告編だけの映画 それだってひとつの人生
美しいものに触れたければ空を見上げればいい
手が届かないなんて嘆くな もうとっくに触わってるじゃないか
聞こえるかい 聞こえるだろう
「ヒットエンドラーン」と魂が叫んでる

やりながら走れ そう それがヒットエンドラーン
目に見えることだけが真実じゃないってこと ヒットエンドラーン
溺れても見失っても流されても足がすくんでも
あんたもばら撒かれた天使のひとり だから ヒットエンドラーン
聞こえるかい 聞こえるだろう
「ヒットエンドラーン」と魂が叫んでる


 
商店街のうた’07
 
望めば何でも叶うなんて思っちゃいないが
君の心が今何処にあるのかも分からんし
真新しい傷跡みたいな三日月がうたえば
商店街に日は暮れる

知らず知らず真っ赤なトマトに見とれてるように
知らず知らず「天王寺界隈〜」を口遊んでるように
知らず知らず僕の左手は君の右手を探してる
商店街に日は暮れる

ふた昔前のアイドルの色褪せたポスターが愛おしい
誰かが落としたかたっぽだけの手袋が愛おしい
こんなに急いで僕らは何を置き去りにしたのかな
商店街に日は暮れる

路地裏でひとりままごと遊びをしていた少女の
コートを飛び交うバレーポールを追いかけてた少女の
流した涙でびしょ濡れになってやっと気付いたんだ
商店街に日は暮れる

悲しい人を抱きしめる時ぬくもりを分かち合い
疲れた人に寄り添う時優しさを教えられ
与えるだけなんてないんだな いつももらってるんだな
商店街に日は暮れる

この商店街が何処までもずっと繋がってく夢を
それが君の心の奥まで繋がってく夢を
二杯目のコーヒーと一緒に飲み干してから行こう
商店街に日は暮れる

「もうすぐ春です」と
君への手紙に書いておこう

「もうすぐ春です」と
君への手紙に書いておこう


 
この熱い魂を伝えたいんや(♪)
 
またひとつ失くしてしもた
またええ気になってたみたいや
臆病なくせに強がって
またひとつ失くしてしもた

なんべんもまちごうたけど
その度にうつむいたけど
心の中は熱いままやろ
まだ夢から覚めてへんやろ

 愛し合う痛みも知った
 それでも好きやから

この熱い魂を伝えたいんや
この熱い魂を伝えたいんや
この熱い魂を伝えたいんや
この熱い魂を伝えたいんや

なんて言おか
この浮かれた気分
じっとしてられへん そんな気分や
何処におってもあんたの声が
「ここまでおいで」と聞こえて来るんや

ほな 俺もぼちぼち行こか
熱い風が吹いてるとこへ
ほな 俺もぼちぼち行こか
手ぶらでええか 昔みたいに

 歓びを分かち合いたくて
 あんたに会いに来た

この熱い魂を伝えたいんや
この熱い魂を伝えたいんや
この熱い魂を伝えたいんや
この熱い魂を伝えたいんや

 愛し合う痛みも知った
 それでも好きやから

この熱い魂を伝えたいんや
この熱い魂を伝えたいんや
この熱い魂を伝えたいんや
この熱い魂を伝えたいんや


 
近鉄バファローズのうた(♪)
 
「死ね」って今日心の中で何回叫んだ?
ケイタイなんて本当は何処にも繋がってなんかいないんだし
君の乳首を触わりながら俺の馬鹿げた理想について話したい
そう 俺の心の中には今も近鉄バファローズ

青いビニールテントで暮らしてて何がホームレスだ
それより宿無しの魂の行き先が気にならないかい
やっと捕まえたと思ったら手の中で蝶々はもう潰れてた
でも 俺の心の中には今も近鉄バファローズ

耳を塞いですむことならずっと塞いでいればいい
夢にうなされて目覚めた真夜中 命がこっち見てた
あれ以来俺の中でずっと勃起してるものは一体何なんだ
ああ 俺の心の中には今も近鉄バファローズ

手遅れって言葉はどうしていつもこんなに手遅れなんだ
野良犬が吠えて サイレンが鳴って 女が喘いでる
ああ 俺はいつからこんな猫撫で声で喋るようになったんだ
でも 俺の心の中には今も近鉄バファローズ

こうしてるうちにも奴らは人殺しの練習を続けてる
だからと言って俺はロックンロールなんかと手を組むつもりはない
とかなんとか言いながらもこれは君へのラヴソング ふしだらな気持ちで
ああ 俺の心の中には今も近鉄バファローズ

オヤジが初めて連れて行ってくれたのは日生球場
酔っ払ったオッサンがバックネットに登るのは日常茶飯事
でも 俺も今でもある意味いつでもバックネットに登ってる
そう 俺の心の中には今も近鉄バファローズ

俺の心の中には今も近鉄バファローズ

俺の心の中には今も近鉄バファローズ


 
ぱあ
 
犬はまるで悟ったように尻尾を振る
僕はまるで与太者のように首をかしげる
この国の王様は
裸にもなれないでずっと独りぼっち

僕の魂が下水管をゆらゆら
間引かれた子供と生まれなかった子供に混じって
便器の海を泳いで糞まみれ
何もかもとりかえしがつかないらしい

病院をいくつも盥回しにされた挙句の果て
お気の毒ですが助かりませんと告げられたような
一筋の朝がふりそそぐ
幸せですかってきかれたって困るよね

ぱあ
ぱあ
ぱあ

死刑にされる朝 故郷にはどんな花が咲く
犯されてる時に聞こえてきたのは何の音
流れ星がきれいだよ
どんな夢を見ても構わないね

たった一度だけ僕も天使を見たことがある
返り血を浴びたまままるでうたうように微笑んでた
どこもかしこも穴だらけ
駄目になるのって本当に簡単だね
   
何にすがりつこうかとその事ばかり考えてる
原爆と同じで僕たちも二十世紀のみなしごだ
回る 回るよ 夕焼けが
どこまで連れて行こうっていうんだい
   
ぱあ
ぱあ
ぱあ

思い出すたびに思い出は遠くなる
誤魔化すたびに僕と君は遠くなる
何を待ち続けているんだろう
宛名のない手紙が街中を迷走する

白い布の中で赤ん坊が芋虫みたい
すやすや眠ってるよ すやすや眠ってるよ
いつか死ぬことも知らないまま
夢の島で夢も見ずに転がってるよ

愛してるから抱かれてるわけじゃない
お金が欲しいから抱かれてるわけじゃない
もっと気持ちよくなりたいだけ
ねぇ もっと気持ちいいのを頂戴

ぱあ
ぱあ
ぱあ

安もんの肉を安もんの酒で煮込んで
人の肉だと思いながら噛みしめてる
飲んで騒いで夜が明けたら
勃起したまま東京が突っ立ってるよ

悪い夢を見て夜中に子供が目を覚ます
「お母ちゃん、死ぬのが怖い」としがみついてる
あれから僕は何度死んだだろう
ここは ここはどこの細道じゃ

憎しみに震える体中の筋肉は
焦りと苛立ちで血管をかきむしる血潮は
泣いて泣き狂う骨の声は
君が好きで君が好きでたまらない

ぱあ
ぱあ
ぱあ

半魚人になって暮らす毎日は
ライオンの背で暮らす毎日は
絶景かな
絶景かな


 
ライフ・イズ・ビューティフル(♪)
 
君と手を繋いで歩こう
マクドナルドでスマイルを注文しよう
道に寝転がって空を眺めよう
金はないけどいろんなことができるね
Yes,life is beautiful

いつか死ぬことを恐れてる
今生きてる 今生きてる
鳥のように飛べないと泣いてる
今生きてる 今生きてる
Yes,life is beautiful

いつか別れることがあっても
君を思い出になんかしないよ
君はずっと僕の中にいて
僕はいつも君の声に耳を澄ましてる
Yes,life is beautiful

あの娘もお母さんになったらしい
あの頃いつもオカリナみたいに泣いてたっけ
何が変わって何が変わらなかったんだろう
ああ この星にうたがあってよかったよ
Yes,life is beautiful

誰かが僕を旅人と呼んでる
だけど君も旅人じゃないかと握手する
何かを守りたいと思うなら
そう思ってるのはきっと君だけじゃないよ
Yes,life is beautiful

Yes,life is beautiful・・・


 
沖縄のうた
 
「真っ青な空に吸い込まれてゆく
風船はどんな気分だろう」って君
「足を踏んばっても その踏んばった大地が
崩れることだってあるのよ」って君

そうさ この島は船なんだ
そうさ この島は漂ってるんだ

「右耳には喜びが 左耳には悲しみが
聞こえたって構わないじゃない」って君
「自分が心から楽しんでいなくちゃ
誰も楽しませられないわ」って君

そうさ 僕たちは船なんだ
そうさ 僕たちは漂ってるんだ

 人の世に生まれて来たことの喜びを教えてくれた
 人の世に生まれてきたことの悲しみを教えてくれた
 君
 君がいる

こんな僕のかわりに君は泣いてくれたんだね
こんな僕のかわりに君は泣いてくれたんだね

「淋しくない場所なんてこの星にはないのよ
たとえあんたが側にいてもね」って君
「だけど あんたの中にある夕焼けが見たくて
こんな所まで来たのよ」って君

そうさ 僕たちは船なんだ
そうさ 僕たちは漂ってるんだ

 人の世に生まれて来たことの喜びを教えてくれた
 人の世に生まれてきたことの悲しみを教えてくれた
 君
 君がいる




back to my works